新車のような中古車とディーラーの苦悩の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新車のような中古車とディーラーの苦悩の話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
新車のような中古車とディーラーの苦悩の話あなたは新車派?中古車派?

“彼がディーラーとして働いているのですが、その彼から「結婚資金を使った」と頭を下げられました。もちろん頭が真っ白になりましたが…。よくよく話を聞いてみると、商談が終了したお客様が急に文句を言いだしたそうなのです。

フルモデルチェンジ前の車を購入した方だったそうで、彼はお客様にきちんと「フルモデルチェンジ前の車です」と説明をしたのに「聞いていない」の一点張り…。説明をしたから大幅に値引きもしたというのに、今になって「フルモデルチェンジした車に変えろ!」との苦情が出たとのことでした。

メーカーへ発注をかけてしまった後だったので、ディーラー側としては大慌て。結局、彼が自腹を切って苦情の車を購入し、お客様が望む新車を発注し直したそうで…。貯金のほとんどを使い果たしてしまったための謝罪でした。

「その新車はどうなるの?」と尋ねると「中古車センターで売られる」とのこと。会社名義の車となったため新車扱いにはならないので、中古車として売られるそうです。

「あなたと結婚したら、そうした中古車が増えるのかな?」と尋ねると、「そうならないように努力する」と明るい返事がもらえたのでよしとします。”