中古車の産業の歴史

今の日本では中古車産業の市場は拡大していますが、この市場、いつごろから始まったのでしょうか。
産業市場の歴史は意外と古く1954~1955年くらいから車を購入する人が増え、
それと同時に車販売が急激に増えてきました。

1960年~は販売店では販売しきれなくなった下取りした車を独立した販売者に渡していたんですね。
この時点では中古車を仕入れるためのルートが確立しておらず、どこで仕入れるかが悩みだったんです。

またたくさんある車をどのようにして売るのかも悩みの種だったそうです。
1970年に入ると今のオークションの原型となる取引が各地で行われていたんです。

1990年に入ると80年代に培った技術や情報を持って車のオークションが盛んになってきたんです。
今ではこのオークションを利用して車を仕入れたり、そのままオークションに出したりしているんです。

そして人気の高い車は買い取り販売店で販売されるようになるんですが、
人気のない車は特約販売店で売られるようになったんですね。
中古車産業の歴史を知ると見方が変わってくるかもしれませんね。

歴史

中古車の相場を知ろう

今乗っている車を高く売りたい思っている方は多いはずです。
これは車だけではなく色んなものでも当てはまります。

車を始めて売る方は何も分らず直接車の買取専門店に行く方がいます。
そんな方にはサイトなどで事前に中古車の相見積もりを出すことで、
自分の車が今現在どのくらいで売れるのか把握できます。

相見積もりは一つの会社に見積もりを出すのではなく、
いくつかの会社に見積もりをだして、その中で一番高い金額をつけてくれた会社を選ぶことです。

この相見積もりを出すか出さないかでは大きな差が出ます。
実際にこの見積書を販売店に持っていくと店員さんが買取の金額を低めに提示しても断ることが出来、
見積書の金額通りに買い取ってくれることもあるんですね。

中古車の相場を知るには無料で使える一括の査定のサイトがあり、
5~10社まで見積もりがとれ相場を知ることが出来るんです。

また下取りという方法で車を売っている方もいるんですが、
下取りは買取に比べたら金額は低くなります。
少しでも車を高く売りたい方は下取りをせず、買い取ってもらい、次に乗る車を買ったほうがとてもお得になります。
setsumei