電気自動車の中古車で値段もエコに

“中古車でもいいので電気自動車が欲しいなと思いインターネットで検索していると、「認定中古車」というものを発見した。認定中古車という言葉は輸入車などにも使用されているようで、走行距離(たとえば50,000㎞以内など)、初度登録から数年以内の車であること、正規ディーラーで購入した車であること、修復歴がないこと…など。その車種によって存在する独自の認定項目をクリアした車のことを言うらしい。

ちなみにフランス人がCEOに就任している大手自動車会社が発売している気自動車の認定中古車だと、上記に記入した以外に「バッテリー容量計が新車時から1セグメントも減っていない車両」がついてくる。輸入車の場合は正規ディーラーが、国産であれば系列の中古車販売店が直接扱うことが多いためアフターケアが万全であることも特徴だろう。

そして僕が欲しいと思っていた電気自動車の認定中古車だが、もちろんあった。新車よりも50~100万円ほど低めの値段であることが嬉しい。電気自動車の販売台数も少しずつ増えているようなので、中古車も出回っているのだろう。めぼしい車をチェックして予約を入れ、さっそく商談してこようと思う。”

大手系列の中古車販売店でいい中古車みつけた!

“子供が生まれてから車の重要性を身にしみて感じるようになりました。妊娠中は身重とはいえ個人行動ですから徒歩も苦痛ではありませんでしたが、子供がいるとそうはいきません。検診のために病院へ行こうとバスに乗ればベビーカーが邪魔にならないかとか赤ん坊が泣かないかと心配し、買い物に行けば荷物が邪魔でベビーカーが上手く動かせない…。

とにかく赤ん坊の世話だけでも大変なのに買い物もままならないので、夫に相談して中古車を購入することに決定です。とにかく値段が安いことが条件で、あとは無事に走ってくれれば良かったので、中古車会社のサイトを何件も調べました。

そこで目についたのが、大手新車ディーラー系列の中古車販売店です。そっか、新車を扱う会社は買い替えのときに下取りしてるんだっけ…と思い出し、そこを中心に検索したら安い1,200ccの普通車がありました!

さすが大手ディーラー系列系の中古車販売店、数年前に人気のあった型の中古車がなんと27万です!オレンジ色なんて変な色ですけど、だから安かったのかな?1,200㏄の普通車なら子供も荷物もたくさん乗せられます。さっそく商談予約をしたので、今度の休みに旦那と一緒に買いに行こうと思います。”