気になる中古車のタバコ、芳香剤のにおい

“他人の車に乗ってまず気になるところはどこですか?私はにおいが気になります。タバコを吸っている人の車では、そのにおいが喫煙者ではない人にとっては結構きついものですよね。

あとは車の芳香剤のにおい。その車に乗っている人にとってはいいにおいだとしても、他の人にとっては嫌なにおいだったりするときもあります。これは車に限らず香水をつけている人にも言えますよね。結構きつい香水をつけている人がそばにいると早くどこか行ってくれないかなとか考えたりします。

中古車でも同じことが言えます。中古車は前のオーナーが必ずいます。そのオーナーがタバコを吸っている人ならそのにおいがその車には染みついていますし、芳香剤のにおいも染みついていたりします。

それがいいにおいと感じるものや気にならないにおいならいいですが、タバコのにおいは喫煙者ではない人にとっては嫌なにおいでしかありません。

せっかくいい中古車と巡りあえたのに、においでダメと言うことになったら悲惨です。そんなことにならないためにもまずは自分が今乗っている車もいつかは売りますから、注意することから始めてみませんか?”

中古車と新車のイメージ、今では違う?

“中古車というと、昔はイメージが悪かったのかも知れませんが、今では車の購入を考えた場合、最初から中古車も視野に入れて考えますよね。私の祖父などは田舎の頑固な年寄りといった感じの人なので、車は新車でないといかんといった考えの持ち主です。

そう考えると、昔はやはり中古に悪いイメージがあったのでしょうか?新車は確かにきれいですし、誰もその車に乗ったことが無いので車にクセもついていません。事故車ということもないので安心して乗ることができます。新しい車を買うことにこだわりを持っている人は安心を買うというところでしょう。

しかし、最近では中古でも十分に安心して乗れるということから、需要も増えたということでしょうし、市場が根付いたと思います。中古の場合、新車で買うよりもワンランク上の車を狙うことができるというのもいいことですよね。

中古否定の方も最初から中古を否定しないで、実際に触れてみたらイメージは変わると思います。昔は車を高く売るために色々な小細工があったかもしれませんが、今ではそういったこともほとんどないと思われます。購入の際には幅を広げるためにも中古車を検討して見てはいかがでしょうか。”